PHOTOニュース

春風に乗り、よしやぶ川の川沿いの桜とコラボで楽しませるこいのぼり= 15日、市内松美町地内 (2024/04/16)


見頃を迎えた里山のハナモモの花=15日午前、市内谷根 (2024/04/15)


青空の下、満開のソメイヨシノを楽しむ市民ら=13日午前、赤坂山公園 (2024/04/13)

>>過去記事一覧
原酒造が再建蔵の大吟醸で全国金賞

 酒類総合研究所と日本酒造組合中央会の全国新酒鑑評会がこのほど、広島県で開かれ、市内新橋、原酒造(原吉ヘ社長)の「越の誉大吟醸」が金賞を受賞した。

 出品は920点。予審は4月に3日間、決審は5月に2日間行った。同社は中越沖地震で全壊した酒蔵を昨年9月に再建し、「和の心で良酒を醸す」との意味を込め、「和醸蔵」と名付けた。新しい蔵で初めて仕込んだ大吟醸酒が金賞に輝いた。豊かな香りに調和する力強い味わいが特徴だ。

 原社長は「まもなく震災から2年。金賞におごることなく精進を重ね、お世話になった方々に恩返しのできる企業になりたい」と話した。

 22日から720ミリリットル瓶で1200本を市内で限定発売する。税込み5250円。

(2009/ 6/16)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。