PHOTOニュース

感謝状が贈られた柏崎信金の霜田常務理事(右)と、佐々木柏崎税務署長 =産文会館文化ホール  (2024/06/19)


花火の名場面を紹介したフレーム切手 (2024/06/18)


3日間の人出が過去最多となった今年のえんま市=16日午後1時半ごろ、 市内東本町1 (2024/06/17)

>>過去記事一覧
仮設住宅用地提供で市が感謝状

 中越沖地震で応急仮設住宅用地を市内剱地内で提供した東芝プラントシステム(本社・横浜市磯子区)に対し、市が23日に感謝状を贈った。

 市内では39カ所に応急仮設住宅が建設された。ほとんどが市有地だが、地域に適地がない所もあり、8カ所は会社・団体、個人、町内会の所有地を市が借り受けた。剱の仮設住宅は、地域住民から「学校に近い場所を」という要望を受け、市が東芝プラントシステムに依頼。社員寮などのある約7500平方メートルのうち、野球場などに使っていた約3500平方メートルを同社が無償で提供した。ここには20戸が建設され、14世帯75人が入居。ほとんどが子育て世帯だった。昨年暮れに最後の入所者が退去し、5月末までに施設は撤去された。

(2009/ 6/23)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。