PHOTOニュース

五月晴れの下で開かれたイベント「野外おんがく堂」。観客は劇場広場の階段で聞き入った=22日、アルフォーレ (2022/05/25)


じょんのび村が開いた昔ながらの「馬耕」を体験するイベント=21日、市内高柳町岡野町 (2022/05/24)


かれんな花と爽やかな緑で楽しませた「山野草展」=21日、中央地区コミセン (2022/05/23)

>>過去記事一覧
寄贈の宝くじ号で交通安全教室

 21日から始まる「秋の全国交通安全運動」に先立ち、柏崎地区交通安全協会(高橋義明会長)で17日、こども交通安全教室車「宝くじ号」の贈呈式が行われた。この車を使って早速、市内柳橋町、柏崎カトリック白百合幼稚園(シルヴィオ・レオ・バッシ園長、園児数152人)で交通安全教室が行われ、園児に交通事故防止を呼び掛けた。

 宝くじ号は拡声装置、道路標識やミニ信号機などの資機材を常備したワゴン車で、日本宝くじ協会助成事業の一環として1966年から毎年、全国で寄贈されている。今年は17台のうちの1台が県交通安全協会を通じて、柏崎地区に贈られた。贈呈式のあいさつで坂牧徳吉・県安協専務理事は「次代を背負う子どもたちが事故に遭わないように役立ててほしい」と鍵を渡した。高橋会長は「有効に利用し、当地区から1件でも事故がなくなるように、大事に使わせていただく」と述べた。

(2009/ 9/19)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。