PHOTOニュース

市プラスクールで、おいしいコーヒーを飲むための基本を伝える講座。受 講者はメモを取り熱心に学んだ=22日、市民プラザ (2024/05/24)


刈羽節成きゅうりの苗を植える槙原小6年生=同校前の畑 (2024/05/23)


企業の採用担当者が列をつくった「高校就職担当教諭との名刺交換会」= 産文会館大ホール (2024/05/22)

>>過去記事一覧
国体の柏刈開催競技が終了

 トキめき新潟国体ハンドボール競技会は5日に刈羽村ラピカで成年女子の、6日に市総合体育館で成年男子の3位決定戦と決勝戦を行い、終了した。これで9月10日の水球を皮切りに柏崎刈羽で行われた卓球、なぎなた、ハンドボールのすべての競技が終わった。

 ハンドボール成年女子決勝では熊本が延長戦の末、28―27で鹿児島を破り、2年ぶり12度目の優勝を飾った。同男子決勝では広島が29―21で愛知を下し、7年ぶり5度目の優勝を決めた。最終日の市総合体育館では地元の小・中学生が両チームに声援を送った。

 表彰式で市の山田副市長は「市民は素晴らしいプレーを感動を持って見た。子どもたちはくぎ付けとなった」とたたえ、「震災で全国からいただいた支援、励ましに感謝の思いを返したいと、国体開催にこぎつけた。これを糧に素晴らしい復興を成し遂げたい」と歓送の言葉を述べた。

 また、刈羽村の品田村長は「フィナーレを飾ることができてうれしい。まさにコート上の格闘技と呼ばれるハンドボールのすごさ、素晴らしさを見せてもらった」と感謝した。

(2009/10/ 6)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。