PHOTOニュース

青少年健全育成大集会の実践研修で、タブレット体験をする参加者=27日、市民プラザ (2021/11/30)


原発の「三つの検証」をめぐり、住民と意見交換した説明会=27日、産文会館 (2021/11/29)


DMAT隊長の津吉さん(中央)から専用救急車両の説明も行われた出前授業=田尻小 (2021/11/27)

>>過去記事一覧
県振興局が中越沖地震の記録冊子

 県柏崎地域振興局地域整備部はこのほど、「中越沖地震 対応と復旧記録」の冊子(A4判100ページ)を製作し、関係機関や建設会社などに配布した。

 中越沖地震では同部所管の公共土木施設だけで225カ所が被災。地震直後から緊急輸送道路の確保、2次災害防止を図るとともに、早期の全面復旧を目指して工事を進めた。国道352号「椎谷岬トンネル」が7日に開通することで、すべての工事が終了する。

 記録冊子は初動対応、被災状況を記録し、将来に継承していくことを目的に編集。発生当日から3日間の被災状況確認パトロールの様子、組織体制、県庁など他の部署からの応援をはじめ、災害査定作業の効率化などについても説明。被災場所の写真や図面をたくさん掲載した。

(2010/ 1/ 5)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。