PHOTOニュース

フィギュアスケートの全国大会などに出場する金子君(右)と渡辺君 (2021/10/20)


心ゆくまで歌の魅力を楽しんだ催し「歌は友だち」=16日、市民プラザ (2021/10/19)


ともしびを手に看護の道へ進む意識を高めた戴帽式=15日、新潟病院附属看護学校 (2021/10/18)

>>過去記事一覧
西山大池でハクチョウ230羽越年

 ハクチョウの飛来地で知られる市内西山町の長嶺大池で、約230羽のハクチョウが新年を迎えた。

 大池では1978年、2羽のハクチョウが飛来してから32年目。オオハクチョウが多く、昼間も見物ができるため、名所になっている。穏やかな日には遠方からも家族連れなどが訪れ、パンなどのエサをついばむ幼鳥連れのファミリーや、飛来に大喜び。北側の駐車場ては水位が上がっているため、間近にハクチョウ見物ができる。

(2010/ 1/ 6)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。