PHOTOニュース

市プラスクールで、おいしいコーヒーを飲むための基本を伝える講座。受 講者はメモを取り熱心に学んだ=22日、市民プラザ (2024/05/24)


刈羽節成きゅうりの苗を植える槙原小6年生=同校前の畑 (2024/05/23)


企業の採用担当者が列をつくった「高校就職担当教諭との名刺交換会」= 産文会館大ホール (2024/05/22)

>>過去記事一覧
新潟工科大が風力発電機など設置

 新潟工科大にこのほど、経済産業省の「低炭素社会に向けた技術シーズ発掘・社会システム実証モデル事業」として、風力発電機とバイオディーゼル発電機が設置された。

 事業テーマは「新潟の自然と風土を活(い)かした分散電源ネットワークと電気自動車コミュニティーの構築」。3つの取り組みのうち、工科大が中心となって行うのは、風力発電、太陽光発電、廃食用油を原料とするバイオディーゼル燃料による発電と、蓄電を効率よく制御しながら、既存の電力系統と協調させる分散電源ネットワーク制御システム(マイクログリッド)作りだ。大学院棟への電力を供給し、電気自動車の電源としても利用する。

(2010/ 1/ 8)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。