PHOTOニュース

“豆”をまいて、悪い鬼を退治する園児たち=3日、枇杷島保育園 (2023/02/03)


作品に囲まれる新保心菜さん。農林水産大臣賞を受けた作品と同じ課題 「郷土の魅力」をはじめ、高円宮賞「海辺の風景」、内閣総理大臣賞「深 緑」などがずらりと並ぶ。中央は高円宮杯=刈羽村十日市の自宅 (2023/02/02)


柏崎など中越地区4JAが合併し、新JA「えちご中越」の名前が入った看板などに衣替えされた旧JA柏崎本店=1日午前、市内駅前1 (2023/02/01)

>>過去記事一覧
えんま通りの女性グループが「福豆」

 市内の旧本町7丁目の女性有志らでつくるグループ「セブンさぽーたーズ・えんまの手鏡」(世話人・石川真理子さん)が23日から、節分にちなんで「えんま通り『福豆』」の販売を始めた。昨年に続き、2回目。閻魔(えんま)堂(東本町2、今井徹郎堂守)で1年間の無病息災を祈った縁起物だ。

 同グループはメンバー約30人。町内のシンボルのえんま様をもっと身近に感じてもらうために、イベントを通して発信していこうと一昨年秋、活動の第1弾として境内で甘酒市を行った。以来、春夏秋冬の季節ごとに活動を進めた。

 今年の福豆は津南産の青大豆で、塩豆、ミックス(青豆、あられ、ピーナツ入り)の2種類。袋には、えんま通りのシンボルマークが描かれる。1袋200円で700袋を作り、えんま通り商店街約20店舗で取り扱う。

(2010/ 1/23)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。