PHOTOニュース

人出がピークになり、にぎわうえんま市。露店がぎっしり並ぶ通りには人 の波が続いた=14日午後7時半ごろ、市内東本町1 (2024/06/15)


14日から始まった初夏の風物詩「えんま市」。今年は週末開催となり、多くの人出が予想される=同日午前、市内東本町1 (2024/06/14)


ロングラン利用者3人の作品を展示した本店ウインドー=柏崎信金 (2024/06/13)

>>過去記事一覧
市民大運動会へ実行委初会合

 10月3日に市陸上競技場で開かれる市制70周年記念第9回市民大運動会(市など主催)に向け、第1回実行委員会が10日、市民プラザで開かれ、実行委員長を選出し、実施種目の詳細や事業計画などの検討が始まった。

 市民大運動会は1977年に始まり、4年に1度行われている。第7回は市制60周年(2000年)、第8回は合併記念(05年)で行われ、今回は昨年のトキめき新潟国体のため1年繰り下げて、市制70周年記念事業として開催する。実行委は市体育指導委員協議会を中心に、市地区体育協会連絡協議会、市観光レクリエーション振興公社の3団体29人。事務局は市生涯学習・体育課と市体育指導委員協議会の15人。

 種目は恒例の玉入れ、大玉小玉送り、市民年代別リレーのほか、市制70周年記念にちなんだ種目など競技得点のある団体6種目、幼児レースなどオープン3種目、アトラクションを計画する。

 実行委員長の金子正美・市体育指導委員協議会長は「市民に楽しんでいただき、運営する方は抜かりなく、達成感のある運動会にしたい」と抱負を述べた。

(2010/ 2/12)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。