PHOTOニュース

豊かな自然の表情とらえ、開催中の動植物スケッチ・写真展=市立博物館 (2024/06/20)


感謝状が贈られた柏崎信金の霜田常務理事(右)と、佐々木柏崎税務署長 =産文会館文化ホール  (2024/06/19)


花火の名場面を紹介したフレーム切手 (2024/06/18)

>>過去記事一覧
国道352号・新「安政橋」が開通

 県の交通円滑化事業として2004年度から進められてきた国道352号「安政橋」(長さ123メートル、幅16メートル)の架け替え工事が終了し、20日午後、仮橋からの交通が切り替えられた。供用開始に先立ち、地元の松波町内会、桜木町町内会の主催による渡り初めなどのセレモニーが行われ、開通を祝った。

 午前中、松波コミュニティセンターで行われた交通安全祈願祭、開通を祝う会には、県の野澤英之助土木部長、船谷喜代文・柏崎地域振興局長や会田市長をはじめ、県議、市議会代表、地元関係者、施工業者など約90人が出席。主催者を代表して渡辺毅・桜木町町内会長は、大型車両の通行が多い国道の現状に触れながら「子ども、お年寄りが安心して渡れる橋は悲願だった」と述べ、品田洋一・松波町町内会長(代読・五十嵐義弘副会長)は「北部郷の基盤整備がようやく始まった。新しい橋に感動している。さらに前後の整備を」と要望した。祝辞で来賓からは、激しい渋滞と旧橋の不便さ、道路改良への道のりを振り返る言葉が続いた。会田市長は「生活利便、経済活動とともに、原子力や一般災害時の避難路、震災復旧への基幹道路として重要」と安政橋の役割を強調した。

(2010/ 2/20)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。