PHOTOニュース

燃え上がる「さいの神」に思いを込める住民たち=16日、市内茨目 (2022/01/17)


1時間目の「地理歴史」「公民」の2科目選択の受験生に、袋詰めされた問題冊子を配る試験官=15日午前9時過ぎ、新潟工科大 (2022/01/15)


クラコーラを開発した阿部酒造の若手蔵人。6代目蔵元の阿部裕太さん(中央)は「酒蔵を身近に感じてほしい」と願いを込める (2022/01/14)

>>過去記事一覧
市が豪雪対策本部を解散

 市内の降積雪観測点9カ所の平均積雪が警戒値(140センチ)を下回ったことから、市は1日午後5時に豪雪対策本部(本部長・会田市長)を解散した。引き続き、雪崩などの発生には警戒していく。

 1月13日夜からの大雪で、15日に市が豪雪対策本部を設置。防災行政無線などを使って、除雪事故の防止を呼びかけるとともに、安全パトロールなどに当たった。屋根の雪下ろしができない高齢者世帯などが業者に作業を依頼した際の除雪費の支援を129世帯・299回分実施。市社会福祉協議会を通じて、除雪ボランティアの派遣なども行った。

(2010/ 3/ 2)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。