PHOTOニュース

桜井市長らと記念撮影をする本年度の市功労者表彰を受けた人たち=1日午前、市民プラザ (2022/07/01)


ごみの持ち帰りを呼び掛ける看板の取り付け作業=30日朝、東の輪海水浴場 (2022/06/30)


佐藤さんが撮影した火球クラスの流星=29日午前2時50分、市内加納地内  (2022/06/29)

>>過去記事一覧
地震被災の道路・側溝は1万5000カ所補修

 市議会2月定例会は11日から常任委員会審査に入り、初日は建設企業常任委員会が開かれ、都市整備部所管の付託議案を審議した。

 2010年度当初予算案説明で、町内会などから要望の多い被災道路・河川・公園の補修について、当局は09年度末時点で約1万5000カ所の道路側溝・舗装の修繕が終了したことを示し、現時点で残り約380カ所、金額で約5億2000万円の工事が必要とした。10年度は震災関連の道路舗装補修で95カ所、約1億3000万円、側溝修繕で70カ所、約1億円の工事を予定。道路補修用原材料費を計上している直営、委託の作業班も小さな補修などを進めていくとした。

(2010/ 3/12)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。