PHOTOニュース

地元住民の畑で、自生のシソを摘み取らせてもらう参加者=6日、市内高 柳町石黒 (2024/07/13)


中央地区コミセンの防災講座。避難所になる12の町内役員が集まり、段ボールベッド、パーティションの組み立てに挑戦した=6日、同コミセン (2024/07/11)


相田院長(前列左から3人目)、長谷川副院長(同4人目)と、かつて例のない大人数となった臨床研修医。深刻な医師不足の中で期待が集まる=市内北半田2、柏崎総合医療センター (2024/07/10)

>>過去記事一覧
全国ジュニア五輪水球で柏崎アクア準優勝

 第32回全国JOCジュニアオリンピックカップ春季水泳競技大会の水球が30日まで5日間、千葉県国際総合水泳場で行われ、柏崎アクアクラブがC区分(15歳以下女子)で準優勝した。また、A区分(小学生)は4位に入賞した。柏崎アクアクラブは今大会、B区分(15歳以下男子)も含め3区分に出場。B区分は予選リーグで敗れた。

 C区分は12チームが4ブロックに分かれて予選リーグを行い、柏崎は1勝1敗の2位通過で決勝トーナメントに進出した。決勝トーナメント1回戦では山形水球クラブに5―5の同点から、吉田舞主将(一中2年)が延長Vゴール。準決勝は横浜サクラSSに終盤追い上げられたが、4―3で下した。決勝の川口SC(埼玉)戦では、林真梨瀬選手(日吉小6年)が先制点を挙げたものの、その後は点が取れず、1―3で涙をのんだ。

(2010/ 3/31)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。