PHOTOニュース

槙原小校舎の増築工事。柱や梁に強度の高い木材が使われた=昨年11月中旬(阿部建設提供) (2022/01/20)


園児や児童生徒による絵画などが展示されている県ジュニア美術展覧会の柏崎展=19日、ソフィアセンター (2022/01/19)


燃え上がる「さいの神」に思いを込める住民たち=16日、市内茨目 (2022/01/17)

>>過去記事一覧
10年度の市野新田ダム予算は5億6000万円

 農林水産省は29日、2010年度当初予算の公共事業個所別予算額を公表した。

 国営かんがい排水事業柏崎周辺地区は第1期の栃ケ原ダムの工事が終了し、事業費はゼロに。第2期は後谷ダムがすでに供用を開始しているが、市野新田ダムが未着工で、09年度予算(10億円)を44%下回る5億6400万円が計上された。政権交代で農村整備関係予算は09年度の約40%の規模。工事が先行している個所から優先的に推進するため、柏崎関係は減額となった。北陸農政局柏崎周辺農業水利事業所では「市野新田ダムの付け替え道路などに集中して工事を行い、11年のダム本体工事着手に結びつけたい」と話している。

(2010/ 3/31)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。