PHOTOニュース

青少年健全育成大集会の実践研修で、タブレット体験をする参加者=27日、市民プラザ (2021/11/30)


原発の「三つの検証」をめぐり、住民と意見交換した説明会=27日、産文会館 (2021/11/29)


DMAT隊長の津吉さん(中央)から専用救急車両の説明も行われた出前授業=田尻小 (2021/11/27)

>>過去記事一覧
市民大運動会の実施種目決まる

 10月3日に市陸上競技場で開かれる市制70周年記念第9回市民大運動会(市など主催)に向け、第2回実行委員会(実行委員長=金子正美・市体育指導委員協議会長)が23日、市総合体育館会議室で開かれ、実施種目が正式に決まった。

 市民大運動会は1977年に始まり、原則として4年に1度行われている。第7回は市制60周年(2000年)、第8回は市町合併記念(05年)で開かれた。

 今回の種目は競技得点のある団体6種目、オープン参加のレクリエーション3種目の合わせて9種目。実施順に玉入れ、かざぐるま、小学生ミニマラソン、なかよしリレー、市制70周年記念スリーボールメドレーリレー、午後から幼児レース、大玉小玉送り、障害物レース、最後を飾るのは市民年代別リレー。昼休みのアトラクションは「よさこい鳴子踊り」。

(2010/ 6/24)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。