PHOTOニュース

青少年健全育成大集会の実践研修で、タブレット体験をする参加者=27日、市民プラザ (2021/11/30)


原発の「三つの検証」をめぐり、住民と意見交換した説明会=27日、産文会館 (2021/11/29)


DMAT隊長の津吉さん(中央)から専用救急車両の説明も行われた出前授業=田尻小 (2021/11/27)

>>過去記事一覧
福厳院で復興の天井絵を市民らが描く

 市内東本町1、曹洞宗・福厳院(栗林文英住職)で、中越沖地震によって全壊した本堂の再建工事がほぼ終わった。震災復興を祈念して檀家(だんか)や一般市民が1枚ずつ描いた天井絵86枚も見事に出来上がった。7月11日には復興祈念イベントとして、この本堂でコカリナコンサートなどが開かれる。

 旧本堂は大正時代に建てられた土蔵造りの建物で、2001年からは「蔵シックコンサート」の会場として親しまれた。04年の中越地震に続いて07 年の中越沖地震で被災。一昨年から再建工事を始め、木造2階建て、延べ約510平方メートルの新本堂がお目見えした。旧本堂のケヤキ材の半分近くを再利用。柱・梁(はり)の伝統工法と面構造で耐震性を向上させた。

 1階本堂を飾る天井絵は檀家に加えて一般市民から描き手を募集。市内を中心に県内外から応募があった。7歳から80代まで幅広い。いずれも花がテーマで、板にアクリル絵の具で色鮮やかに描いたもらったものをはめ込んだ。

(2010/ 6/30)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。