PHOTOニュース

高校野球新潟大会4回戦の産附―村上桜ヶ丘。産附は2回1死満塁、多田 の適時打で二走・平野が生還して4―0とする=18日、新発田市五十公野 球場 (2024/07/19)


厚生労働省の「障害者雇用相談援助事業者」に認定されたことを桜井市長 に報告するウィズ・ユーの小林社長(右)=市役所市長応接室 (2024/07/18)


移転改築工事が完成した田尻保育園の新園舎。保育の場にふさわしく、明 るく快適な環境が整った=市内安田 (2024/07/17)

>>過去記事一覧
耕畜連携で牛飼料の稲わら確保

 早期越路早生(わせ)の稲刈りが終わった市内畔屋の水田約8ヘクタールで24日から、肉用牛の粗飼料として稲わらを集め、円筒形にする作業が畜産農家などの手で行われている。

 自給飼料の耕畜連携事業を4年前から進めているのは、柏崎肉用牛組合(室賀則顯代表・3軒)と畔屋生産組合(宮嶋良栄代表)。和牛のおいしさは、赤身の肉に入った良質の脂肪(さし)。このさしを作るのが粗飼料の稲わらで、えさ全体に占める割合は、子牛のころが60%、出荷目前の牛は10―20%。残りが牧草や配合飼料だ。

 畜産農家は長い間、農家からはさ掛けの稲わらを買ってきたが、年々入手は困難になり、近年は全体の60―70%がコンバインで短く刈られた稲わら。ロールべーラーと呼ぶわら収集機を使い、直径約60センチ、長さ約90センチの円筒形にわらをまとめる。

(2010/ 8/26)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。