PHOTOニュース

フィギュアスケートの全国大会などに出場する金子君(右)と渡辺君 (2021/10/20)


心ゆくまで歌の魅力を楽しんだ催し「歌は友だち」=16日、市民プラザ (2021/10/19)


ともしびを手に看護の道へ進む意識を高めた戴帽式=15日、新潟病院附属看護学校 (2021/10/18)

>>過去記事一覧
「拉致問題を考えるパネル展」内郷小で

 市内西山町の内郷小(池藤仁市校長、児童数86人)で12日から、「拉致問題を考えるパネル展」が開かれている。19日の道徳公開授業に合わせての展示で、期間は20日まで。引き続き、西山中、二田小でも展示される。

 池藤校長は旧巻町出身で、北朝鮮に拉致されたとされる大沢孝司さんとは同じ集落。前任地の県立生涯学習推進センター(新潟市)では毎年、11月15日の拉致問題を考える県民集会の前に、パネル展やビデオ上映などのプレイベントを開催しており、その担当だった。内郷小で人権をテーマにした道徳の公開授業を行うことから、県拉致問題調整室の協力でパネルを借り受けた。

 多目的室に展示してあるのは拉致被害者・横田めぐみさん、曽我ミヨシさんと、大沢孝司さんら7人の特定失踪者の写真パネル。

(2011/ 1/13)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。