PHOTOニュース

冬季に東京電力柏崎刈羽原発で事故が発生したとの想定で行われた訓練。 荒浜コミセンでは停電を想定し、非常用の照明を使う中で住民の受け付け などの手順を確認した=8日、市内荒浜3 (2023/02/09)


御弓始祭で神矢を放つ三嶋宮司=7日、市内西山町の二田物部神社 (2023/02/08)


工夫された雪合戦でも楽しんだ別俣スノーフェスタ=5日、旧別俣小 グラウンド (2023/02/07)

>>過去記事一覧
西山町田沢で太子講135年の伝統守る

 市内西山町田沢(外山忠町内会長、55世帯)で12日、今年で135年目となる伝統の太子講が集会所で行われた。

 太子講は、寺院建築史上大きな存在だった聖徳太子をまつる講。田沢では1876年に太子像を表装・裏書きしてから始まり、当初は2月の実施を1922年から1月12日に変えて行ってきた。昭和に入り、集落全戸が集う場として途切れず続いている。

 講では、近くの祐光寺の風巻和人住職の読経に合わせて約40人が唱和し、太子の徳をしのんだ。

(2011/ 1/13)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。