PHOTOニュース

人出がピークになり、にぎわうえんま市。露店がぎっしり並ぶ通りには人 の波が続いた=14日午後7時半ごろ、市内東本町1 (2024/06/15)


14日から始まった初夏の風物詩「えんま市」。今年は週末開催となり、多くの人出が予想される=同日午前、市内東本町1 (2024/06/14)


ロングラン利用者3人の作品を展示した本店ウインドー=柏崎信金 (2024/06/13)

>>過去記事一覧
タクシー適正化で協議会が初会合

 供給過剰とされるタクシーの適正化・活性化によってサービス向上とタクシー運転手の労働条件改善を目指す「柏崎地区特定地域協議会」の第1回会合が18日、市役所で開催され、タクシー事業者、住民代表などが意見を交換した。

 協議会は2009年施行の「特定地域における一般乗用旅客自動車運送事業の適正化及び活性化に関する特別措置法」(タクシー適正化・活性化法)に基づく設置。対象範囲は柏崎市A地区(合併前の柏崎市)。県内では新潟市交通圏など5地区ですでに設置されている。01年にタクシー事業の規制緩和が行われ、全国的に新規参入、車両台数が増加。運賃値下げ競争もあって、収益基盤・運転者労働条件の悪化、不十分な利用者サービスなどが問題となり、その適正化・活性化を目指して特措法が定められた。

(2011/ 1/19)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。