PHOTOニュース

ともしびを手に看護の道へ進む意識を高めた戴帽式=15日、新潟病院附属看護学校 (2021/10/18)


クリスマス、お正月の収穫を目指すイチゴ苗の定植作業。冷蔵庫から出したばかりの苗はひんやりと冷たい=市内鯨波、ファームくじらなみ (2021/10/16)


科学や文化面から楽しむ秋季企画展「見る月 行く月」=市立博物館 (2021/10/15)

>>過去記事一覧
一中などがキャリア教育で文科大臣表彰

 キャリア教育の充実発展に尽力し、顕著な功績が認められるとして、一中(大倉政洋校長、生徒数243人)と柏崎青年会議所(JC、歌代朋也理事長、会員数97人 )、市教育委員会の市内3団体がこのほど都内で文部科学大臣表彰を受けた。中学生の特色ある起業学習、それを支えたJC、市教委をたたえたもので、本市のキャリア教育の充実に一層の弾みをつけた。

 このうち、一中は勤労観や職業観を高め、郷土への誇りを持った「未来の柏崎を担う子どもたち」を目指し、系統的なキャリア教育に取り組み。1年生では職場見学、2年生は職場体験、3年生は起業学習へと進めた。JC、学校支援地域本部事業で組織した「さわやかボランティア」会員をはじめとした地域の人たちとの連携で幅広く活動を行っている。

(2011/ 1/21)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。