PHOTOニュース

卒業証書を受ける各クラス代表=1日午前、柏崎総合高第一体育館 (2024/03/01)


人口減少時代の地域づくりなどについて考え合った「柏崎学シンポジウム」=25日、新潟産大 (2024/02/28)


多くの行列をつくった高柳の飲食関係者が出店した「のれん街」=高柳町 高尾 (2024/02/26)

>>過去記事一覧
福島から避難の18歳がコンビニでパート

 東日本大震災で福島県浪江町から避難してきた吉崎麻美さん(18)が23日、市内の避難所から通いながら松美2のセブンイレブン柏崎松美店にパートとして働き始め、柏崎での第一歩を踏み出した。

 吉崎さんは15日、家族ら7人とともに柏崎市内の親戚が住むアパートに身を寄せた。大人数で迷惑をかけてしまうと、数日後に田尻コミセンに移った。県立富岡高校を今月卒業し、4月から都内での就職が決まっていたが、「家族を置いていけない。落ち着くまでは一緒にいたい」と就職先に事情を説明し、入社を2カ月延期してもらった。

 市内で仕事を探す両親の姿に「避難所にただいてもふさぎ込むだけ。生活費の足しになれば」と自ら働くことを決意。高校2年の夏から約1年間、地元のセブンイレブンでアルバイトをした経験を生かせたら、と同店を訪ねた。 

(2011/ 3/24)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。