PHOTOニュース

市内全中学校で行われた卒業式。卒業生は思い出や希望を胸に学びやを巣立った=4日午前、南中 (2024/03/04)


卒業証書を受ける各クラス代表=1日午前、柏崎総合高第一体育館 (2024/03/01)


人口減少時代の地域づくりなどについて考え合った「柏崎学シンポジウム」=25日、新潟産大 (2024/02/28)

>>過去記事一覧
県がコメの放射性物質調査へ

 県は新潟県産米の信頼性を高めるため、今年収穫される米の放射性セシウム濃度調査を実施する。調査は早生(わせ)品種が45地点、コシヒカリなど中生(なかて)品種29地点の計74地点。柏崎市刈羽村はそれぞれ、早生品種、中生品種各1地点の玄米を調査する。 

 県柏崎地域振興局によると、早生品種の調査は市町村ごとに1地点をとり、さらにおおむね4千ヘクタールに1地点の調査を追加する。面積の広い新潟市や長岡市などは複数の地点が調査対象となる。早生品種の調査を実施して安全性が確認されれば、コシヒカリなど中生品種からは高い放射性セシウムが検出される可能性はほとんどないとされており、中生品種は念のために、粟島浦村を除く29市町村で1地点ずつ調査を行う。 

(2011/ 8/13)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。