PHOTOニュース

卒業証書を受ける各クラス代表=1日午前、柏崎総合高第一体育館 (2024/03/01)


人口減少時代の地域づくりなどについて考え合った「柏崎学シンポジウム」=25日、新潟産大 (2024/02/28)


多くの行列をつくった高柳の飲食関係者が出店した「のれん街」=高柳町 高尾 (2024/02/26)

>>過去記事一覧
2014年問題へ並行在来線会社社長が講演

 市、柏崎商工会議所が22日、「新潟県並行在来線の目指す方向と信越本線の活性化に向けて」と題した講演会を商議所で行った。並行在来線会社の嶋津忠裕社長から車両運行の基本構想、信越本線優等列車の存続の考え方を聞いた。 

 講演会は北陸新幹線金沢開業が2014年度に迫り、柏崎や上越地方の鉄道体系が大きく変化することから、市と商議所で企画。開会のあいさつで会田市長は「柏崎にとって二つの新幹線との接続、利便性を高めることは重要。県にとっても、日本海縦貫の存続を高めていくことになる」などとし、西川正男会頭も「観光ばかりでなく、工業界にとっても鉄道の問題は避けて通れない」などと述べた。 

(2011/ 8/24)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。