PHOTOニュース

地域住民にクラウドファンディングを呼び掛けるチラシを配る北条中の生 徒 (2022/08/18)


桜井市長から「健康サポートカンパニー」第1号の登録証を受けた川上社長(右)=市役所市長応接室 (2022/08/17)


歩行者天国でにぎわう通りで行われた日本海太鼓の演奏=14日、市内東本 町2 (2022/08/16)

>>過去記事一覧
刈羽産の新米コシからセシウム検出されず

 県は6日、刈羽村で収穫された2011年産コシヒカリの玄米を試料に、放射性物質の検査を行った。新米コシヒカリの検査は県内のトップ。放射性セシウム134、同137のいずれも検出されず、早生(わせ)品種に続いて同村産米の安全が確認された。 

 検査は、同村の勝山農産(山崎弘社長)が滝谷地内の水田で5日に収穫したコシヒカリ。検査試料の採取は6日、山崎社長(75)の作業所で行われ、県柏崎地域振興局の職員が乾燥・調製して袋詰めされた玄米から2キロを抜き取り、長岡市の県環境衛生中央研究所に持ち込んだ。 

(2011/ 9/ 7)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。