PHOTOニュース

JR柏崎駅前を清掃する市ハイヤー協会の人たち=8日 (2022/08/10)


たわわに実るバナナに目を見張る家族連れら。実際に収穫体験もした=7 日、市内荒浜2の農園「シモダ・ファーム」 (2022/08/09)


早急な拉致問題解決を目指した「めぐみへの誓い」上映会=6日、ソフィ アセンター (2022/08/08)

>>過去記事一覧
市内の関係団体が地産地消条例制定を要望

 市食の地産地消推進条例の早期制定を求め、市内の関係団体などによる同条例検討委員会(座長=阿部雅明・新潟産大経済学部准教授)、市食育・地産地消推進連絡協議会(会長=近藤幸雄・柏崎青果社長)が6日、市議会に要望書を提出した。 

 同協議会は生産者・流通業界・消費者をつなぎ、食育・地産地消によるまちづくりを目指したもので、2010年2月に農業、漁業、食品、観光関連など約20機関・団体の代表らで発足。同年11月には同協議会内に検討委員会を設け、条例案の制定へ向けて協議を重ねてきた。 

(2011/ 9/ 7)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。