PHOTOニュース

水素エンジン車の開発を行うリケンNPRの水素ステーション建設予定地 =市内柳田町 (2024/06/22)


ねんりんピック全国大会に12年ぶりの出場を決めたブル刈羽 (2024/06/21)


豊かな自然の表情とらえ、開催中の動植物スケッチ・写真展=市立博物館 (2024/06/20)

>>過去記事一覧
市の小林教育長が退任

 2003年から2期8年間にわたって市教育長を務めた小林和徳氏(68)が29日で任期満了を迎えた。最後の登庁となった28日夕、小林氏のこれまでの労苦に、市職員から感謝の言葉と大きな拍手が送られた。 

 小林氏は38年間の教職生活を退いた後、03年10月に教育長に選任された。前任の相沢陽一氏から「柏崎の教育3・3・3運動」を引き継ぎ、さらにこの運動を充実させるため、小学校と中学校の教育を一つのスパンでとらえる「小中一貫教育・柏崎方式」を提唱。 

 また、就学前の段階からの家庭教育の大切さを重視し、子ども課の市教育委員会への移管を機に、10年度には「3・3・3運動」の幼・保版を作成。若い親にとって「子育て・親育ち」を生涯学習の課題としてとらえてもらいたいとの願いを込め、運動を推進してきた。

(2011/10/29)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。