PHOTOニュース

幅広いジャンルで楽しませた新生音市場。この一つ、太鼓集団「鼓明楽」 は会場と一体感となり、エネルギッシュなステージを繰り広げた=21日、 アルフォーレマルチホール (2024/04/22)


市内3会場で行われた早春茶会。市内外から集まり、春一番の茶会を楽し んだ=市内西港町、シーユース雷音 (2024/04/20)


ハナモモ畑を管理する池田寿一さんから話を聞く鯨波小と米山小の児童= 18日 (2024/04/19)

>>過去記事一覧
原発停止で7割の企業が売り上げ減

 柏崎の景況と東京電力柏崎刈羽原発関連の受注状況について、柏崎商工会議所が会員事業所を対象に実施した調査の結果が20日までにまとまり、原発や協力企業と取引のある企業のうち約7割が、その売り上げが前年同期より減るなど、依然として深刻な状況が続いていることが改めて分かった。前回の調査と比べると、全体としてはほぼ同じ傾向を示しており、すぐに回復する見通しが立たないという受け止め方も変わっていない。

 調査は福島第一原発事故後に開始し、今年で3年目。昨年3月から柏崎刈羽原発全7基の停止が続いており、その影響を把握することを目的に、7月から8月にかけて全会員1799社に郵送で調査し、39.1%の704社から回答を得た。

(2013/ 9/21)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。