PHOTOニュース

感謝状が贈られた柏崎信金の霜田常務理事(右)と、佐々木柏崎税務署長 =産文会館文化ホール  (2024/06/19)


花火の名場面を紹介したフレーム切手 (2024/06/18)


3日間の人出が過去最多となった今年のえんま市=16日午後1時半ごろ、 市内東本町1 (2024/06/17)

>>過去記事一覧
賀詞交換会で会田市長「自主的なまちづくりを」

 新春恒例の市と柏崎商工会議所主催による賀詞交換会が4日、市民プラザで開かれ、市内各界各層の代表ら600人余りが一堂に集まって2006年の門出を祝った。会田市長はあいさつで、市町合併後初めての新年として大きく飛躍する年にしたいと決意を表明し、「本格的な地方分権の時代を迎え、市民の心と力を合わせて自主的にまちづくりを進めていかなければならない」と述べた。自治体同士の連携も進めていきたい考えも示した。

(2006/ 1/ 4)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。