PHOTOニュース

04年当時の高柳小、門出小5・6年生が書いた作文の入ったタイムカプセルを開ける今井さん(右)と高柳中1年生=市内高柳町栃ケ原 (2017/11/17)


最終試作機が完成した「いのちつなぐラジオ」。受信感度などを確認した=13日夜、市内東本町2のえんま通りトレーラーハウス (2017/11/16)


天候にも恵まれ、大勢の人が紅葉を楽しんだ松雲山荘ライトアップ=13日 (2017/11/15)

>>過去記事一覧
中越地震復興支援でコンサート

 第2回中越大震災復興支援コンサート(同実行委員会主催)が9日、市民会館で開かれた。ゲスト出演の陸上自衛隊第12音楽隊をはじめ、市吹奏楽団など10団体がそれぞれ被災者を元気づける演奏を披露した。出演者、観客が大合唱に声を合わせ、復興へのファンファーレとした。

 コンサートは音楽を通して、被災地を応援しようと昨年から始まった。市内でも現在、30世帯が仮設住宅暮らしを続けている。会場には会田市長も駆けつけ、催しに感謝するとともに被災者の支援に全力を挙げる考えを述べた。

 プログラムはアトランタ五輪ファンファーレ「サモン・ザ・ヒーロー」で幕を開け、市内の中学、高校の吹奏楽部、音楽団体などが出演した。各団体の代表は演奏の前に、地震当時の体験や被災者へのメッセージを伝えた。

(2006/ 1/10)