PHOTOニュース

西山ハッピープロジェクトで劇「内郷の戦中戦後物語」を上演し、平和の大切さを呼び掛けた内郷小6年生=18日、西山ふるさと館 (2018/02/19)


特別整理休館中のソフィアセンター。さらに使いやすい図書館を目指し、端末機器を使って蔵書を点検する職員たち=16日 (2018/02/17)


演劇フェスの幕開けとなったFOUの公演。熱演の舞台を繰り広げた=10日、産文会館 (2018/02/16)

>>過去記事一覧
上越市でレルヒ少佐と片桐文邦展

 上越市大貫の日本スキー発祥記念館で11日から2月26日まで、特別企画展「レルヒ少佐と片桐文邦(ぶんぽう)」展が同市主催で開かれる。片桐文邦(幸吉・1881―1920)は柏崎市安田出身の画家。日本にスキーを伝えたオーストリアのテオドール・フォン・レルヒ少佐と交流を重ねた。企画展では文邦の作品やレルヒ少佐自筆の絵はがき・画賛など20数点が出品される。

 文邦は京都で絵を学び、1908(明治41)年ごろ高田に移り住んだ。ここでは陸軍関係者と交際があり、その中で、軍事視察のため11年から12年にかけて高田に滞在したレルヒと知り合い、お互いに芸術への関心の高さから交流が深まった。

(2006/ 1/10)