PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
上越市でレルヒ少佐と片桐文邦展

 上越市大貫の日本スキー発祥記念館で11日から2月26日まで、特別企画展「レルヒ少佐と片桐文邦(ぶんぽう)」展が同市主催で開かれる。片桐文邦(幸吉・1881―1920)は柏崎市安田出身の画家。日本にスキーを伝えたオーストリアのテオドール・フォン・レルヒ少佐と交流を重ねた。企画展では文邦の作品やレルヒ少佐自筆の絵はがき・画賛など20数点が出品される。

 文邦は京都で絵を学び、1908(明治41)年ごろ高田に移り住んだ。ここでは陸軍関係者と交際があり、その中で、軍事視察のため11年から12年にかけて高田に滞在したレルヒと知り合い、お互いに芸術への関心の高さから交流が深まった。

(2006/ 1/10)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。