PHOTOニュース

小学生以上の35人が参加した市民スキースクール=13日、ガルルのスキー場 (2018/01/16)


炭の上で燃やしたツキガシラで今年の天候を占った「炭置き」神事=14日夜、市内北条・山本の熱田社 (2018/01/15)


1時間目の「地理歴史」「公民」の2科目選択の受験生に、袋詰めされた問題冊子を配る試験官=13日午前9時過ぎ、新潟工科大 (2018/01/13)

>>過去記事一覧
「感動」テーマに14日から演劇フェス

 柏崎演劇フェスティバル(市産業文化会館、市観光レクリエーション振興公社主催)が14日、産文会館文化ホールで開幕する。今年で12回目。テーマは「感動」。3月初旬まで、市内外の11団体が熱演の舞台を繰り広げる。期間中、三重・桑名と柏崎との演劇交流が双方の地で予定される。

 フェスティバルは、市内で数多くのアマ演劇団体が活躍する中で、同館の自主事業として、活動発表の機会と場を提供。これにより、市民生活の向上、豊かな地域文化の醸成にも貢献してきた。開催に向け、今年も多くの企業・団体から支援が寄せられた。

 会場は3月4日の市民会館大ホールを除き、産文文化ホール。市内のベテランに交わり、新人のステージが見どころ。関東高校演劇研究大会出場の柏高演劇部も話題を呼ぶ。

(2006/ 1/12)