PHOTOニュース

小学生以上の35人が参加した市民スキースクール=13日、ガルルのスキー場 (2018/01/16)


炭の上で燃やしたツキガシラで今年の天候を占った「炭置き」神事=14日夜、市内北条・山本の熱田社 (2018/01/15)


1時間目の「地理歴史」「公民」の2科目選択の受験生に、袋詰めされた問題冊子を配る試験官=13日午前9時過ぎ、新潟工科大 (2018/01/13)

>>過去記事一覧
市と農協が世田谷のボロ市に参加

 市や柏崎農協では今年も、15、16の2日間、東京・世田谷のボロ市に参加し、柏崎産コシヒカリなどの物産をPRして、都会の人たちとの交流を深める。

 世田谷区の無形民俗文化財ともなっているボロ市は暮れの12月15・16日、新年1月15・16日の開催。戦国時代の楽市を起源とし、かつては農機具や古着、現在は骨とう品などの多くの露店が並び、都内でも有数の規模を誇る。柏崎は市立日吉小と区立桜小との学童疎開を縁にした交流をきっかけに、1996年から暮れと正月の市に参加している。

 昨年12月のボロ市には農協や市内企業、別俣地区田んぼの分校関係者らが参加。

(2006/ 1/13)