PHOTOニュース

市内3会場で行われた早春茶会。市内外から集まり、春一番の茶会を楽し んだ=市内西港町、シーユース雷音 (2024/04/20)


ハナモモ畑を管理する池田寿一さんから話を聞く鯨波小と米山小の児童= 18日 (2024/04/19)


県内トップを切って行われた葉月みのりの田植え=18日午前、市内藤井 (2024/04/18)

>>過去記事一覧
工科大が学生の設計案で福利棟建設へ

 市内藤橋、新潟工科大(布村成具学長)はこのほど、学内の設計コンペティション(競技)で最優秀に選ばれた学生作品を基に、2006年度着工、07年度完成を目指し、福利棟などの建設を決めた。コンペの図面、模型は12日までソフィアセンターで開催中の第5回柏刈住宅作品展で展示している。

 最優秀は建築学科4年・桜井希さん(21)の作品。福利施設は学長をトップとする将来計画委員会が検討してきた。売店、食堂・ラウンジ拡充など、昨年4月のアンケートの要望を踏まえ、11月まで2度のコンペに17点が応募。学内投票と委員会審査で候補を絞り、1月に決まった。この間、講義室の増築計画も理事会で決まった。

 建設地は食堂南側。桜井さんの設計案は鉄筋コンクリート地下1階、地上2階延べ960平方メートル。増築する講義棟は鉄筋コンクリート地下3階、地上1階延べ1000平方メートル余り。150人収容の2教室を整備する。コンペでは動線計画と既存施設との調和が中心で、基本設計、実施設計は専門業者に委託する。

(2006/ 3/ 2)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。