PHOTOニュース

市内3会場で行われた早春茶会。市内外から集まり、春一番の茶会を楽し んだ=市内西港町、シーユース雷音 (2024/04/20)


ハナモモ畑を管理する池田寿一さんから話を聞く鯨波小と米山小の児童= 18日 (2024/04/19)


県内トップを切って行われた葉月みのりの田植え=18日午前、市内藤井 (2024/04/18)

>>過去記事一覧
ペギー葉山さんが18日に講演会

 柏崎薬剤師会(石黒博雄会長)が18日、脳こうそくで倒れた夫の最後をみとるまで献身的な介護を続けた歌手・ペギー葉山さんの市民向け講演会を産文文化ホールで開く。入場無料。

 講演会は、市民から健康や介護についてより関心を持ってもらうことが狙いだ。ペギー葉山さんは「南国土佐を後にして」「ドレミの歌」など数々のヒット曲を持つ歌手。1997年に俳優の夫・根上淳さんが脳こうそくで倒れ、「絶対に治してみせる」という強い覚悟のもとで介護生活を始めた。

 当日は「歌って、笑って、介護して?ペギー葉山の介護日記」をテーマに、2005年10月に夫が他界するまで、歌う看護師「シンギングナース」として仕事と介護を両立させた実体験を語る。開演は午後2時。

 

(2006/ 3/ 4)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。