PHOTOニュース

幅広いジャンルで楽しませた新生音市場。この一つ、太鼓集団「鼓明楽」 は会場と一体感となり、エネルギッシュなステージを繰り広げた=21日、 アルフォーレマルチホール (2024/04/22)


市内3会場で行われた早春茶会。市内外から集まり、春一番の茶会を楽し んだ=市内西港町、シーユース雷音 (2024/04/20)


ハナモモ畑を管理する池田寿一さんから話を聞く鯨波小と米山小の児童= 18日 (2024/04/19)

>>過去記事一覧
槙原小がユニセフと通信授業

 槙原小(巻口泰男校長)の5年生51人が14日、インターネットを使って国際児童基金・日本ユニセフ協会と話をしながら、世界の子どもたちの現状を学んだ。活動に役立てて――と、米作りで得た4万8500円を同協会に寄付した。

 同校では以前からユニセフについて関心を高める活動を進めており、今回は東京・港区にある同協会の学校事業部とインターネット回線を利用し、お互いの顔を見ながら話をして、ユニセフの活動をより深く知った。

 ユニセフが戦争や災害で困っている子どもたちに水・食べ物を緊急的に支援していること、多くの小さな子どもが風邪や下痢が原因で死亡している現実、衛生改善と水くみが忙しくて学校に行けない子どもたちのために井戸を掘っていることなどを、ユニセフの担当者が分かりやすく説明。児童たちは熱心にメモをとったり、問題に答えたりしていた。

(2006/ 3/15)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。