PHOTOニュース

柏崎市の子育て支援に役立ててほしいと、1千万円の目録を贈る入澤理事 長(左から2人目)=22日、市役所市長応接室 (2024/04/24)


市内愛好家が作ったつるし雛が飾られた座敷=市内新道の史跡・飯塚邸 (2024/04/23)


幅広いジャンルで楽しませた新生音市場。この一つ、太鼓集団「鼓明楽」 は会場と一体感となり、エネルギッシュなステージを繰り広げた=21日、 アルフォーレマルチホール (2024/04/22)

>>過去記事一覧
志賀原発差し止め判決で反対派「画期的」

 北陸電力志賀原発2号機(石川県志賀町)の運転差し止めを求めた民事訴訟で、金沢地裁が24日、耐震設計の問題や、地震による被ばくの可能性を理由に運転差し止めを命じる判決を出した。これを受けて東京電力柏崎刈羽原発の地元反対3団体は同日、市役所で緊急会見し、「耐震設計審査指針の不備を指摘した画期的な判決である」とする声明を発表した。3団体のメンバーらは柏崎刈羽1号機の原子炉設置許可処分取り消し訴訟を闘っており、昨年11月の控訴審敗訴を不服として最高裁に上告した。この裁判でも地震・地盤が大きな争点になっていることから、改めて控訴審を不当判決だとして、今回の判決を認めるよう最高裁に働きかけていく構えだ。

(2006/ 3/25)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。