PHOTOニュース

幅広いジャンルで楽しませた新生音市場。この一つ、太鼓集団「鼓明楽」 は会場と一体感となり、エネルギッシュなステージを繰り広げた=21日、 アルフォーレマルチホール (2024/04/22)


市内3会場で行われた早春茶会。市内外から集まり、春一番の茶会を楽し んだ=市内西港町、シーユース雷音 (2024/04/20)


ハナモモ畑を管理する池田寿一さんから話を聞く鯨波小と米山小の児童= 18日 (2024/04/19)

>>過去記事一覧
西川前市長の著書発売に

 西川正純前市長(63)の著書「四、三八三日の長の記―おさのき―」(幻冬舎ルネッサンス・九思一言シリーズ)がこのほど、全国の書店で発売となった。3期12年間に及んだ在任中の柏崎刈羽原発と北朝鮮拉致問題という大きなテーマを軸に執筆した。4月10日には、安達公司前助役らが世話人となって出版記念会が開かれる。

 本は271ページのうち7割を原発・拉致問題に充てた。東京電力トラブル隠し、プルサーマル計画、蓮池薫さん・祐木子さん夫妻と子供たちの北朝鮮からの帰国などを当時の市長の立場からつづった。

(2006/ 3/29)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。