PHOTOニュース

市内3会場で行われた早春茶会。市内外から集まり、春一番の茶会を楽し んだ=市内西港町、シーユース雷音 (2024/04/20)


ハナモモ畑を管理する池田寿一さんから話を聞く鯨波小と米山小の児童= 18日 (2024/04/19)


県内トップを切って行われた葉月みのりの田植え=18日午前、市内藤井 (2024/04/18)

>>過去記事一覧
「ふみ子の海」柏崎ロケ始まる

 上越市などで撮影中の映画「ふみ子の海」(C.A.L製作)の柏崎ロケが27、28日、市内新道の史跡・飯塚邸と鵜川神社で行われた。

 原作は、今月末に閉校する高田盲学校の元教諭で上越市、市川信夫さん(73)の同名小説(理論社刊)。同校教諭として生涯を視覚障害者教育にささげた故粟津キヨさんがモデルだ。柏崎出身の本間信行プロデューサー(58)=C.A.L=が映画化までに4年をかけた。映画は上越市を舞台に少女期にスポットを当てた。昨年から上越、柏崎地区で春夏秋冬の実写やSLが走るシーンなどを撮った。

 柏崎ロケにはスタッフ約40人が入り、飯塚邸では料亭シーンを撮影。「本番、よーい、スタート」の掛け声で邸内に緊張感がみなぎった。主演の鈴木理子さん(10)は、相手俳優が目の前で指を振っても反応しない全盲の演技を熱演。近藤明男監督は「客の機嫌を損ねたことに『大変なことをした』という気持ちで」などと演技指導していた。

(2006/ 3/29)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。