PHOTOニュース

御弓始祭で神矢を放つ三嶋宮司=7日、市内西山町の二田物部神社 (2023/02/08)


工夫された雪合戦でも楽しんだ別俣スノーフェスタ=5日、旧別俣小 グラウンド (2023/02/07)


未明に搾られ、瓶詰めされた純米吟醸生原酒「立春朝搾り」=4日午前7 時ごろ、市内新橋の原酒造 (2023/02/06)

>>過去記事一覧
写真展「柏崎の100年」が始まる

 市立図書館(ソフィアセンター)の開館百周年記念の所蔵写真展「柏崎の100年」が14日から、同センターで始まった。昔の町並み、人々の生活の営みなどをとらえた写真に、訪れた人たちは懐かしさを込めて見入った。会場内は通常の展覧会の手法とは趣を異にし、来館者からのデータ提供を呼び掛けるなど市民参加型の展示が特色だ。

 同展は開館以来、市民ら多くから寄贈された写真、絵はがきの一部を紹介し、歴史的映像を残してくれた先人にスポットをあてた。また、文化の保存・継承にあたる図書館の役割にも理解を求めた。今回は、絵はがき収集家・小竹忠三郎さん(1866―1935)、写真家・真貝新一さん(1896―1971)、同・神林栄二さん(1913―2006)の3人の寄贈品を中心に、約500点を展示した。

 会場には、昔の本町通り、商店・施設、海岸風景、宮川大火などの災害、水源池の花見、運動会、石油などの産業、子供の遊び、暮らしを撮影した作品が並んだ。

(2006/ 7/14)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。