PHOTOニュース

JR柏崎駅前を清掃する市ハイヤー協会の人たち=8日 (2022/08/10)


たわわに実るバナナに目を見張る家族連れら。実際に収穫体験もした=7 日、市内荒浜2の農園「シモダ・ファーム」 (2022/08/09)


早急な拉致問題解決を目指した「めぐみへの誓い」上映会=6日、ソフィ アセンター (2022/08/08)

>>過去記事一覧
柏崎市の下水道普及率は64%

 県下水道課はこのほど、今年3月末現在の県内市町村別公共下水道普及率をまとめた。柏崎市は64.6%で、33市町村中12位。農業集落排水事業、合併処理浄化槽を合わせた汚水処理人口普及率は94.2%で、刈羽村、粟島浦村を加えた35市町村中10位だ。

 柏崎市は、人口九万4050人に対して、旧市の市街地で進められた1期から5期、特定環境公共下水道、さらに旧西山町の下水道事業を合わせた6万726人を供用人口として計算。市では現在、軽井川などで六期事業を進めており、ここが供用を開始すると、供用人口が約1500人増えることになる。

 県内1位は弥彦村の99.8%。市では、長岡市の86.4%が3位。以下、小千谷市、糸魚川市、見附市、魚沼市と続き、新潟市が67.6%で11位。県平均は58.4%。

 市下水道課によると、実際に下水道に接続し、使用している人の割合を示す接続率は柏崎市が96.5%で県内1位。2位は長岡市93.3%、3位は妙高市で91.9%。県平均は82.2%だ。

(2006/ 7/25)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。