PHOTOニュース

刈羽節成きゅうりを使ったアイデア料理を味わい、ふれあいを深めた「にしなか菜々彩くらぶ交流会」=16日、西中通コミセン (2018/02/20)


西山ハッピープロジェクトで劇「内郷の戦中戦後物語」を上演し、平和の大切さを呼び掛けた内郷小6年生=18日、西山ふるさと館 (2018/02/19)


特別整理休館中のソフィアセンター。さらに使いやすい図書館を目指し、端末機器を使って蔵書を点検する職員たち=16日 (2018/02/17)

>>過去記事一覧
歴史博物館で28日から「新発見考古速報展」

 長岡市関原町、県立歴史博物館が28日から、冬季企画展「新発見考古速報展―発掘された日本列島2006」を開く。会期は2月25日まで。

 同展は、全国で前年度に行われた発掘調査から、特に重要な48カ所以上の遺跡の出土品約780点を選び、最新の貴重な考古学の成果を展示。新潟県のヒスイ製品、玉造りの遺跡などの玉文化も併せて展示する。会期中、月曜休館、2月12日は開館、同13日は休館。時間は午前9時半から午後5時(最終入館は午後4時半)まで。観覧料は一般600円、高校・大学生400円、小・中学生200円。20人以上の団体は割引。土・日・祝日は小・中学生無料。問い合わせは同博物館(電話0258―47―6135)へ。

(2007/ 1/26)