PHOTOニュース

国指定文化財の名勝・貞観園。100種類を超える苔のみずみずしさが際立つ=24日、市内高柳町岡野町 (2022/05/26)


五月晴れの下で開かれたイベント「野外おんがく堂」。観客は劇場広場の階段で聞き入った=22日、アルフォーレ (2022/05/25)


じょんのび村が開いた昔ながらの「馬耕」を体験するイベント=21日、市内高柳町岡野町 (2022/05/24)

>>過去記事一覧
市第4次総合計画は前期計画見直しへ

 市議会9月定例会の一般質問が18日から始まり、初日午前の質問で丸山敏彦氏(整風会)が中越沖地震の復興計画と市の第4次総合計画(2007―16年度)との関連をただした。会田市長は、総合計画の基本構想を大きく変える必要はないものの、前期5カ年の基本計画については、復旧・復興を最優先に見直し・再検討を行う考えを示した。

 答弁で市長は、今年度を目途に復興計画を策定し、第4次総合計画の基本構想・基本理念を踏まえて復旧・復興とまちづくりを進めていくとした。柱として「市民の暮らしの復興」「まちの活力の再生」「柏崎の魅力の再生」を挙げ、「そして何よりも安全で安心して暮らせる災害に強いまちづくりが求められる」と述べた。

(2007/ 9/18)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。