PHOTOニュース

西山ハッピープロジェクトで劇「内郷の戦中戦後物語」を上演し、平和の大切さを呼び掛けた内郷小6年生=18日、西山ふるさと館 (2018/02/19)


特別整理休館中のソフィアセンター。さらに使いやすい図書館を目指し、端末機器を使って蔵書を点検する職員たち=16日 (2018/02/17)


演劇フェスの幕開けとなったFOUの公演。熱演の舞台を繰り広げた=10日、産文会館 (2018/02/16)

>>過去記事一覧
年末年始、市内高速道IC利用が大幅な伸び

 東日本高速道路新潟支社は7日、年末年始(12月26日―1月6日)の管内高速道路交通状況をまとめた。支社全体の1日平均インターチェンジ利用台数は7万465台で前年比2.5%増だったが、柏崎市内の3つのインターは県内でも突出して高い伸びとなり、西山インターは17.5%も増えた。(柏崎市内と県内主要インターの利用台数は別表)。

 連休を取りやすい曜日と重なり、ほとんどの路線で通行量が2%から6%増加。磐越道の新津付近と北陸道の富山県境付近はわずかに減少した。主要インターでは新潟西と妙高高原で減少し、ほかは親不知を除いて1―2%の伸び。柏崎市内の3インターはいずれも前年を大きく上回る利用となった。同支社で今後、詳しい分析を行うが、「中越沖地震後初めてのお正月で、実家や親せきのお見舞いを兼ね、例年以上に帰省が多かったのでは」と見ている。

(2008/ 1/ 8)