PHOTOニュース

西山ハッピープロジェクトで劇「内郷の戦中戦後物語」を上演し、平和の大切さを呼び掛けた内郷小6年生=18日、西山ふるさと館 (2018/02/19)


特別整理休館中のソフィアセンター。さらに使いやすい図書館を目指し、端末機器を使って蔵書を点検する職員たち=16日 (2018/02/17)


演劇フェスの幕開けとなったFOUの公演。熱演の舞台を繰り広げた=10日、産文会館 (2018/02/16)

>>過去記事一覧
会田市長が年頭会見で「新柏崎市へ強い気概」

 会田市長は9日、年頭の記者会見を行い、中越沖地震からの復興へ向け、「災害を契機に、新柏崎市をつくるという気概を持って取り組みたい」と意欲を示した。会見場には、番神堂の除夜の鐘つきに訪れた市民らが復興へ向けた思いを託したメッセージボードも掛けられ、「復興元年」を強く訴えた。

 市長は「国の災害査定が終わり、公共施設、インフラの復旧が本格的になる。画期的な被災者生活再建支援法の改正など、国・県からのさまざまな支援策もまとまった。県の復興基金の事業化も第3次までそろってきた。文字通り、今年は復興元年として大きく歩み出す年。市民とともに力を合わせて頑張りたい」と述べた。

(2008/ 1/ 9)