PHOTOニュース

西山ハッピープロジェクトで劇「内郷の戦中戦後物語」を上演し、平和の大切さを呼び掛けた内郷小6年生=18日、西山ふるさと館 (2018/02/19)


特別整理休館中のソフィアセンター。さらに使いやすい図書館を目指し、端末機器を使って蔵書を点検する職員たち=16日 (2018/02/17)


演劇フェスの幕開けとなったFOUの公演。熱演の舞台を繰り広げた=10日、産文会館 (2018/02/16)

>>過去記事一覧
震災復旧工事で労災防止の対策協発足へ

 中越沖地震の復旧工事が本格的に進められる中、労働災害、交通事故を未然に防ごうと、「平成19年7月新潟県中越沖地震災害復旧工事労働災害防止対策協議会」(植木康之協議会長)の発会式が30日午後1時半から市内錦町の柏崎建設会館で行われる。

 建設業界では地震発生直後から、被災危険個所の調査、応急処置、復旧工事とフル回転で作業を進めてきた。現時点では大きな労働災害は発生していないが、半年を経過して作業員の疲労が蓄積し、さらに降雪期で除雪作業が加わり、県や市が発注した復旧・復興のための膨大な工事が今後一気に山場を迎えることから、県建設業協会柏崎支部(植木康之支部長)、柏崎建設業協同組合(桑山雄理事長)が中心になって、対策協議会を立ち上げることにした。柏崎刈羽では初めて。

(2008/ 1/24)