PHOTOニュース

刈羽節成きゅうりを使ったアイデア料理を味わい、ふれあいを深めた「にしなか菜々彩くらぶ交流会」=16日、西中通コミセン (2018/02/20)


西山ハッピープロジェクトで劇「内郷の戦中戦後物語」を上演し、平和の大切さを呼び掛けた内郷小6年生=18日、西山ふるさと館 (2018/02/19)


特別整理休館中のソフィアセンター。さらに使いやすい図書館を目指し、端末機器を使って蔵書を点検する職員たち=16日 (2018/02/17)

>>過去記事一覧
県ジュニア美術展、31日から

 県内の園児や児童生徒の力作がそろう県ジュニア美術展覧会・柏崎展(県教育委員会、市教育委員会など主催)が31日からソフィアセンターで開かれる。

 同展は県内の子どもたちから美術への関心を高めてもらおうと開かれ、今年で38回目。幼稚園・保育園、小・中学校、特別支援学校などから約3万9700点の応募が寄せられ、審査が行われた。柏崎刈羽では日吉小4年・丸山琴梨さん、三中2年・斎藤聡介君の作品が特賞に選ばれたのをはじめ、優秀賞に7点、奨励賞に52点の合計61点が入賞した。

 昨年末から新潟会場を最初に巡回展が始まり、柏崎展はその一環。特賞、優秀賞、奨励賞の全作品約2000点の展示を予定し、絵画、デザイン、版画の優れた作品が並ぶ。会期は2月5日まで。時間は午前9時半から午後6時、2・3日は午後5時まで。

(2008/ 1/29)