PHOTOニュース

新固形燃料「RPF」プラントを視察する桜井市長(右)=21日、柏崎フロンティアパーク内の不二産業柏崎工場 (2017/11/22)


市野新田ダムの盛り立て完了式典=21日、現場事務所 (2017/11/21)


「貞観園」の国の名勝指定80周年を記念して行われた「能」高柳公演。優雅で幽玄な世界で魅了した=18日、市内高柳町岡野町 (2017/11/20)

>>過去記事一覧
市内公立高の推薦志願は平均0.90倍

 県教委は30日、2008年度公立高入試の推薦選抜の志願状況を発表した。市内4校は一般推薦の平均倍率が0.90倍で、前年を0.09ポイント上回った。

 柏崎地区では推薦定員計288人に対し、262人が志願した。常盤は推薦枠60人に対し80人が志願し、地区最高の0.32倍。募集2年目の柏高普通科理数コースは推薦枠20人に対し15人が志願。柏工は工業科4学級で一括募集してから4年連続で定員を下回った。単位制の出雲崎は推薦枠35人に対し4人が志願した。

 2月8日に面接などが行われ、合格内定通知は15日に送られる。一般選抜の出願は21日から25日午前11時まで。志願倍率が1.0倍を超えた場合の志願変更は27日から29日午前11時まで。学力検査は3月7日、合格発表は11日に行われる。

(2008/ 1/31)