PHOTOニュース

西山ハッピープロジェクトで劇「内郷の戦中戦後物語」を上演し、平和の大切さを呼び掛けた内郷小6年生=18日、西山ふるさと館 (2018/02/19)


特別整理休館中のソフィアセンター。さらに使いやすい図書館を目指し、端末機器を使って蔵書を点検する職員たち=16日 (2018/02/17)


演劇フェスの幕開けとなったFOUの公演。熱演の舞台を繰り広げた=10日、産文会館 (2018/02/16)

>>過去記事一覧
市内公立高の推薦志願は平均0.90倍

 県教委は30日、2008年度公立高入試の推薦選抜の志願状況を発表した。市内4校は一般推薦の平均倍率が0.90倍で、前年を0.09ポイント上回った。

 柏崎地区では推薦定員計288人に対し、262人が志願した。常盤は推薦枠60人に対し80人が志願し、地区最高の0.32倍。募集2年目の柏高普通科理数コースは推薦枠20人に対し15人が志願。柏工は工業科4学級で一括募集してから4年連続で定員を下回った。単位制の出雲崎は推薦枠35人に対し4人が志願した。

 2月8日に面接などが行われ、合格内定通知は15日に送られる。一般選抜の出願は21日から25日午前11時まで。志願倍率が1.0倍を超えた場合の志願変更は27日から29日午前11時まで。学力検査は3月7日、合格発表は11日に行われる。

(2008/ 1/31)