PHOTOニュース

市野新田ダムの盛り立て完了式典=21日、現場事務所 (2017/11/21)


「貞観園」の国の名勝指定80周年を記念して行われた「能」高柳公演。優雅で幽玄な世界で魅了した=18日、市内高柳町岡野町 (2017/11/20)


記念誌の発刊を喜び、お祝いの会を開いた「柏崎日記」を読む会会員=17日、シーユース雷音 (2017/11/18)

>>過去記事一覧
赤れんがの一部保存のみと結論

 市内日石町地内、旧日石加工柏崎工場跡地にあった赤れんが棟(ドラム缶塗装場)の保存運動を進め、取り扱いを検討してきた市民グループ「赤れんが棟を愛する会」有志はこのほど、赤れんがの一部を他の場所に保存するのみとすることを決めた。

 赤れんが棟は県の近代化遺産として、「愛する会」が保存運動を進め、所有者の新日本石油(本社・東京)の理解を得て、解体が延期された経緯がある。しかし、中越沖地震で倒壊したため、「愛する会」が今後の方向性をめぐって協議を行った結果、れんが、金具、木材の一部などを保存するのみとし、ほかは解体撤去することにした。

(2008/ 1/31)