PHOTOニュース

西山ハッピープロジェクトで劇「内郷の戦中戦後物語」を上演し、平和の大切さを呼び掛けた内郷小6年生=18日、西山ふるさと館 (2018/02/19)


特別整理休館中のソフィアセンター。さらに使いやすい図書館を目指し、端末機器を使って蔵書を点検する職員たち=16日 (2018/02/17)


演劇フェスの幕開けとなったFOUの公演。熱演の舞台を繰り広げた=10日、産文会館 (2018/02/16)

>>過去記事一覧
赤れんがの一部保存のみと結論

 市内日石町地内、旧日石加工柏崎工場跡地にあった赤れんが棟(ドラム缶塗装場)の保存運動を進め、取り扱いを検討してきた市民グループ「赤れんが棟を愛する会」有志はこのほど、赤れんがの一部を他の場所に保存するのみとすることを決めた。

 赤れんが棟は県の近代化遺産として、「愛する会」が保存運動を進め、所有者の新日本石油(本社・東京)の理解を得て、解体が延期された経緯がある。しかし、中越沖地震で倒壊したため、「愛する会」が今後の方向性をめぐって協議を行った結果、れんが、金具、木材の一部などを保存するのみとし、ほかは解体撤去することにした。

(2008/ 1/31)