PHOTOニュース

04年当時の高柳小、門出小5・6年生が書いた作文の入ったタイムカプセルを開ける今井さん(右)と高柳中1年生=市内高柳町栃ケ原 (2017/11/17)


最終試作機が完成した「いのちつなぐラジオ」。受信感度などを確認した=13日夜、市内東本町2のえんま通りトレーラーハウス (2017/11/16)


天候にも恵まれ、大勢の人が紅葉を楽しんだ松雲山荘ライトアップ=13日 (2017/11/15)

>>過去記事一覧
力作ずらり、県ジュニア美術展始まる

 県ジュニア美術展覧会・柏崎展(県教委、市教委など主催)が31日からソフィアセンターで始まり、県内各地の子どもたちの優れた作品がずらりと並んでいる。

 同展は県内の子どもたちから美術への関心を高めてもらおうと開かれ、今年で38回目。約3万9700点の応募が寄せられ、審査の結果、入賞・入選作品が決まり、県内巡回展として開かれている。

 柏崎展には、特賞の日吉小4年・丸山琴梨さん、三中2年・斎藤聡介君をはじめ、柏刈の優秀賞7点、奨励賞52点の合計61点の入賞を含め、県内各地の幼児から中学3年までの作品2059点が並んだ。物語や空想の世界、動物、運動会、友だち、花火大会などがのびのびと描かれ、ビーズ、綿などを張り付けた作品もある。

(2008/ 1/31)